イベント

鳥の演劇祭6

2013/09/13 02:00to2013/09/29 02:00

今年の演劇祭は、極めてローカルな、しかし普遍的なテーマを設定しました。

「鳥取県の人口は、2040年には44万人に減るらしい。 何が変わるのだろう?

何を変えなければいけないのだろう? 世界の演劇を楽しみながら、鳥取の未来を考えよう。」

このテーマのもと、鳥取市鹿野町内の5会場を軸に、海外作品を含む多彩な演劇公演といろいろなレクチャーを組み合わせて、演劇を楽しみながら、みんなで「ふうむ」と考える場を目指します。

 

●開催期間 2013年9月13日(金)~9月29日(日)

●招聘予定作品 日本国内の団体による作品や地元で作られた作品に加え、フィンランド、オーストラリア、フランス、イスラエルなど海外からもすぐれた作品を招聘します。また、「BeSeTo演劇祭」を併催し、中国と韓国の演劇人も参加。演劇を中心に、ダンス、人形劇、そしてオペラなど、多彩な上演をお楽しみください。

 

『Breathing』 イイダ・ヴァンタヤ[フィンランド]

『Jerusalem Cast Lead』 Winter Family[フランス/イスラエル]

『アルヴィン・スプートニクの深海探検』 ティム・ワッツ[オーストラリア]

『Finding Butterfly』 The Wedding Collective[イギリス]

『セールスマンの死 日中韓三ヵ国語版』【BeSeTo演劇祭招聘作品】 鳥の劇場[鳥取]

『太宰治短編選ー犬は猛獣である』【BeSeTo演劇祭招聘作品】 ヤンソン プロジェクト[韓国] 

『ツァイトゲーバー』 村川拓也[京都] 

『風の線路(仮)』 まあるい劇場[宮崎]

『しあわせな日々』 双身機関[愛知]

『コミュニティダンスの祭典 Ⅲ』 とりっとダンス[鳥取]

『はだかの王様』 2012年度小鳥の学校受講生[鳥取]

『天使バビロンに来たる』 鳥の劇場[鳥取]

詳しくは近日公開HPにて!→http://www.birdtheatre.org/

 

キュレーター:birdtheatre

鳥取市鹿野町で演劇の活動を行っています。

キュレーター詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です